2017.07.07 NEWS

「Human Capital 2017」に出展いたしました

日経HR(本社:東京、代表取締役社長:篠原 昇司)は日本経済新聞社(本社:東京、代表取締役社長:岡田 直敏)と 日経BP社(本社:東京、代表取締役社長:新実 傑)が主催する、企業の人事・組織戦略・人材関連サービスのための イベント「Human Capital 2017」に出展いたしました。

【概要】
名称:ヒューマンキャピタル 2017
会期:2017年6月28日(水)~30日(金) 10:00~17:30
会場:東京国際フォーラム(東京・有楽町)
主催:日本経済新聞社、日経BP社
後援:経済産業省、総務省
協賛:日本人材マネジメント協会、全国産業人能力開発団体連合会、
   グローバル人事塾、HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)
協力:テレビ東京
同時開催:ラーニングテクノロジー 2017
HP:http://expo.nikkeibp.co.jp/hc/2017/

【日経HR出展概要】
日経HRの「中途採用」と「外国籍学生採用」事業をPRするため出展しました。「中途採用」事業は、日経の転職サイト「日経キャリアNET」と人材紹介の「日経HR Executive」をメインにご紹介しました。 「日経キャリアNET」は、日経グループメディアの総合力を活かした会員獲得で利用会員の約80%が大卒以上という、他の転職サイトにはない会員属性が特徴です。「日経HR Executive」は、経営幹部・エグゼクティブ層、管理職、マネジメント層の紹介に強みがあります。

「外国籍学生採用」事業は、毎年8月に開催の「NIKKEI ASIAN RECRUITING FORUM」があります。アジア主要国のトップに位置する大学で学び、日本企業への就職を希望する学生と日本企業をマッチングするもので、 今年で5回目を迎えます。学生の多くは自国で日本語を学ぶなど、極めて優秀な大学生たちで、日経HRは日本経済新聞社グローバル事業局、国際交流基金 とともに、学生の希望をかなえるべく事業を継続しています。 今回のイベントで多くの日本企業の人事担当者に知っていただく機会となりました。 中途採用、ならびに外国籍の学生の採用をご検討の企業様を日経HRはこれからも支援して参ります。

※「日経HRについて」
「日経HR」は、日本経済新聞社と日経BP社が出資する日経グループ唯一の人材情報会社です。総合型転職サイト「日経キャリアNET」の運営、 「日経キャリアマガジン」や就活生向け書籍の発行などを通じて、企業の人材採用と個人のキャリア形成を支援しています。

【お問い合わせ】
このリリースの内容に関するお問い合わせは、日経HRメディア事業室 電話:03-6812-7307までお願いいたします。

「Human Capital 2017」日経HRブース


「Human Capital 2017」会場外観