2017.09.05 NEWS

『グローバル人材活用セミナー』開催のご報告

日経HR(本社:東京、代表取締役社長:篠原昇司)は、8月28日、関西経済連合会、グローバル人材活用運営協議会と共催で大阪において『グローバル人材活用セミナー』を開催いたしました。当日は企業の人事担当者や教育機関の教職員など多くの方々が聴講されました。 まず基調講演として同志社大学グローバル・コミュニケーション学部鈴木伸子准教授が「外国人社員が抱く日本企業への違和感 」というテーマで採用時と配属後それぞれでの企業側の対応に関する問題点と解決策について講演。パネルディスカッションではインド、フィリピンそれぞれの国を代表する有名大学の教職者から各国の日本語教育事情や大学生の就業観について紹介。加えて今年は大学生の就業意識を直接聞くため北京大学の大学院生にも議論に参加してもらい活発な議論を行いました。

【概要】
開催日時:2017年8月28日(月)14:00~17:30
会場:関西経済連合会29階会議室(大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル)
主催:関西経済連合会、グローバル人材活用運営協議会、株式会社日経HR
プログラム:
① 講演「外国人社員が抱く日本企業への違和感」
(講 師)同志社大学グローバル・コミュニケション学部 准教授 鈴木 伸子 氏
②パネルディスカッション「ASEAN各国の日本語教育の現状と日本企業への就職に関して」
[パネリスト]
フィリピン大学言語学部准教授 FARAH CUNANAN(クナナン)氏
プネー大学日本語学科長 CHANNAGIRI PRAJWAL(プラジ) MANANAND氏
北京大学 大学院生 耿 源哲氏
[モデレータ]
留学生支援ネットワーク事務局長 久保田 学氏
③交流会(ASEAN諸国の日本語教員との名刺交換会)

【お問い合わせ】
このリリースの内容に関するお問い合わせは、日経HR事業開発室 電話:03-6812-7321までお願いいたします。

グローバル人材活用セミナー講演


グローバル人材活用セミナーパネルディスカッション