2018.12.18 RELEASE

『図解「やること・やる順」身内が亡くなったときの手続き 葬儀・届出・相続・お墓――誰が、いつ、いくらで、何をやる?』12月14日に発行

株式会社日経HR(本社:東京、代表取締役社長:篠原昇司)は、『図解「やること・やる順」身内が亡くなったときの手続き 葬儀・届出・相続・お墓――誰が、いつ、いくらで、何をやる?』(武藤頼胡、廣田龍介 監修)を2018年12月14日に発行しました。

「こんな時、どうする?」 がすぐわかる
身内が亡くなったあとに必要な手続きを、豊富な図やイラスト、フローチャートとともに解説しました。「いつ・誰が・いくらで・何をするか」を時系列で分解。やるべきこと、時間・費用の目安を把握し、手続きがらみの仕事を親族・家族などでシェアしながら計画的に終わらせることができます。



106.png書籍詳細はこちら>



生前から備えておきたい情報も
40年ぶりの民法(相続分野)改正、デジタル遺品への対応策、家族会議のやり方など、生前から備えておきたい情報もカバーしました。

武藤頼胡、廣田龍介 監修/B5判 並製/96頁/定価1,200円+税

ISBN 978-4-89112-185-3

 

1214souzoku.png書籍詳細はこちら>