2018.03.08 NEWS

「Cloud Days 2018」に出展いたしました

日経HR(本社:東京、代表取締役社長:篠原 昇司)は 日経BP社(本社:東京、代表取締役社長:新実 傑)が主催する、デジタルイノベーションの専門展示会「Cloud Days 2018」に出展いたしました。「Cloud Days」としてイベントがスタートしてから7年。2018年は「Cloud Days」や「Security」、「IoT Japan」や「FACTORY」を中心とする既存4展をパワーアップする一方、「ビジネスAI」、「働き方改革」の2展を新たにラインアップを追加。IoT(インターネット・オブ・シングス)や人工知能(AI)をはじめとするデジタルテクノロジーによってビジネスや社会が劇的に変わりつつある今、計6つのイベントでイノベーションの最前線を伝えるイベントです。 今回の東京会場来場者数は14,459名で、多数の来場でにぎわいました。

【概要】
名称:Cloud Days 2018
会期:2018年2月20日(火)~21日(水) 10:30~18:00
会場:ザ・プリンスパークタワー東京
主催:日経BP社
HP:http://expo.nikkeibp.co.jp/cloud/tky/
日経キャリアNET:Cloud Days連動企画「最新技術求人特集」特設サイト

【日経HR出展概要】
日経HRの転職サイト「日経キャリアNET」では、Cloud Days連動企画として、AI、クラウド、Fintechなどの最新技術に携われる求人をPick Upした「最新技術求人特集」特設サイトをつくり、イベントでは来場者に求人のPRを行いました。「Cloud Days 2018」イベント会場で「最新技術求人特集」に掲載の求人ちらしを配布、ブースに「日経キャリアNET」登録PCを設置して、応募を募ります。求人媒体、人材紹介会社経由といった転職市場以外の転職希望潜在層へのアプローチを図りました。

「Cloud Days 2018」では「働き方改革」もラインアップに加わり、日経BP社ITイベントへの「日経キャリアNET」出展は、初めての試みでした。IoT、AI、クラウドといった最新技術で可能になる生産性向上やデジタル変革は、働き方改革でも大きな役割を期待されています。加えて、IT業界も人手不足が顕在化しています。今回のイベントは企業の視察が多く、人事担当者からの相談も多く寄せられました。今回の経験を踏まえて、今後の日経BP社ITイベントへの出展で、企業からのニーズにより多く応えられる企画へと改良し、 中途採用をご検討の企業様を日経HRはこれからも支援して参ります。

※「日経HRについて」
「日経HR」は、日本経済新聞社と日経BP社が出資する日経グループ唯一の人材情報会社です。総合型転職サイト「日経キャリアNET」の運営、 「日経キャリアマガジン」や就活生向け書籍の発行などを通じて、企業の人材採用と個人のキャリア形成を支援しています。

【お問い合わせ】
このリリースの内容に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

「Cloud Days 2018」日経HRブース


「Cloud Days 2018」会場外観