2019.05.29 EVENT

日経HRは働く女性のための総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2019」に参画しました!

日経HR(本社:東京、代表取締役社長:篠原昇司)は日本経済新聞社(本社:東京、代表取締役社長:岡田 直敏)と日経BP(本社:東京、代表取締役社長:吉田直人)が主催する働く女性のための総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2019」に参画しました。日経HRでは、2014年5月に開催した第1回目のWOMAN EXPOから参画。この間に「ダイバーシティ」や「ワークライフバランス」といった言葉が広がり、政府が進める「女性活用推進」も徐々に浸透してきました。キャリアをテーマにしたセミナーを開催し、働く女性のキャリアを支援しています。

logo_WE.png

【概要】
日本経済新聞社、日経BPは日経ウーマノミクス・プロジェクトの一環として、2014年から「WOMAN EXPO TOKYO 」をスタートさせました。高感度で購買力の高い30代から40代の働く女性を中心に、新しい家庭を創出するワーキングマザー、そして自分を高めることや社会貢献に関心を持つマチュア世代の女性たちなど、幅広い世代の高い意識をもつ女性たちが集まります。

 

女性活躍推進法が施行されたのは、2016年のことです。さらに今、重視されているのは、性別を問わない働きやすい環境づくりで、2019年4月には「働き方改革関連法」が施行されました。「残業時間の上限規制の導入」「同一労働・同一賃金の制度化」などが盛り込まれ、国をあげての働き方改革が進んでいます。 それに伴い、多くの企業が「20時以降は残業できない」といったルールを作ったり、早朝出勤を奨励したりしています。一歩進んだ企業は、システム投資などを積極的に行い、ムダな業務を徹底的に削減して、働く時間の短縮に取り組んでいます。 男女ともに働きやすい会社をつくることで、女性のみならず男性も育児をしながら働き続ける負担が減り、結果的に女性が活躍する風土が整っていき、2020年にむかってますます女性の活躍が進むことは明らかです。

 

当社はイベントにてキャリアを切り口としたトークセッションを開催したほか、女性の"働く"を応援する日経の転職サイト「日経WOMANキャリア」の 新規会員登録キャンペーンなどを実施しました。

 

開催日時:2019年5月18日(土)19月(日)10:00〜17:00

会場:東京ミッドタウン ホール&カンファレンス
主催:日本経済新聞社、日経BP
協力:テレビ東京、BSジャパン、日経HR
HP:http://woman-expo.com/tokyo/

 

【日経HR企画セッション】

日経HRでは、「日経キャリアNET Presents 女性リーダーに学ぶ≪プレミアムセミナー≫ 『しなやかなキャリアを築く"マイルール"』」を企画。大手・優良企業(日本電産/フィリップス・ジャパン/KPMGコンサルティング/三井物産)でご活躍中の4名の女性リーダーたちをお迎えしました。

キャリアを切り拓いてきたパワフルな4名の女性リーダーたちのキャリアストーリー、仕事観に迫りました。仕事やプライベートで重要な判断を迫られたとき、どんな選択軸="マイルール"によって選択してきたのか。気になるテーマでトークを展開。それぞれの体験談を通じて、いつまでも輝き続けられるヒントを話していただきました。当日は、約220名のキャリア意識の高い女性たちが受講し、「キャリアのイメージができた」や「勇気をもらえた」などポシティブなご意見を多数いただきました。

過去開催の採録はこちら

 

【日経HR展示ブース】
展示ブースエリアでは転職に関心のある女性たちに、女性の"働く"を応援する日経の転職サイト「日経WOMANキャリア」のPRを行うとともに、サイトの新規会員を募りました。700名近くの方がブースへ訪れ、新規の会員登録をいただき、キャリアや仕事への関心の高さがうかがえました。

 

【お問い合わせ】
このリリースの内容に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

190523womanexpo_PYC_0027.jpg